前へ
次へ

不動産の価格について考えましょう

不動産のうち土地は建物などと違って唯一無二のものです。
ですから、必要とする人にとっては高価でも欲しいと思うでしょうし、一等地であっても必要と思わない人には価値のないものとなります。
とは言っても、全く目安がないわけではありません。
その目安になる価格にはいくつかの種類があります。
まず、実勢価格と言われる価格です。
これは付近の売買事例などの価格を指します。
つまり、実際の不動産市場で売買が成立する可能性が大きい価格です。
二つ目は公示地価と言われる価格です。
国土交通省が、毎年3月に発表されます。
土地収用などの参考となる価格です。
実勢価格のおおむね9割程度と言われます。
三つ目はいわゆる路線価です。
正確には相続税路線価と言います。
国税庁が毎年発表します。
相続税や贈与税だけでなく、いろいろな国税に準用されます。
例えば、非上場の株式を評価する場合や土地譲渡の価格が正常か否かを判断したりします。
実勢価格のおおむね8割程度と言われています。
四つ目は固定資産税評価額です。
市区町村が固定資産税などを課税する目安となる価格です。
実勢価格のおおむね6割から7割程度と言われます。
これらの価格が土地売買の参考にされています。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top