前へ
次へ

不動産業界で働くならば、持ちたい資格

不動産業界で働くならば、持っておくべき資格はいろいろあります。
もちろん不動産業界だけではなく、その知識を持っていれば金融業界など幅広いジャンルで必ず役に立ちます。
不動産鑑定士や、宅地建物取引士など様々な国家資格が挙げられます。
不動産系の資格の最高峰である不動産鑑定士は、独立開業できる点で難関ながら人気があります。
移り変わり行く時代の中で、不動産の経済価値を判定するプロフェッショナルとされています。
知識として不動産の価格を見極めるだけでなく、不動産の適正な利用についてアドバイスをする専門家です。
つまり不動産に関するコンサルティング業務として、様々なフィールドが用意されています。
また金融機関の人なども取得が求められる、宅地建物取引士も国家資格です。
これからの日本は、東京五輪の影響などで目まぐるしく変化する不動産事情となっていて、注目の資格です。
独占業務に関するので、毎年約25万人もの人が受験しています。

Page Top